SEOキーワード選定ツール

ワンクリックで最適なキーワードを設計
検索ユーザーの「検索意図」がいもづる式に手に取れる
※パスコードの取得に関しはコチラを御覧ください

過去分析したキーワード一覧

分析キーワード KWジャンル YMYL度 難易度 分析日時
健康医療94%60%2022-08-17 21:10:41
廿日市市 小児歯科医療96%34%2022-08-17 20:38:36
廿日市市 歯医者医療99%38%2022-08-17 20:38:25
ハーレー 盗難自動車30%26%2022-08-17 20:30:37
自作pc セットアップIT系20%38%2022-08-17 19:24:16
千疋屋 ギフトショッピング19%53%2022-08-17 18:55:28
通信制高校予備校教育70%31%2022-08-17 18:33:35
マンション売却ローン残債不動産49%39%2022-08-17 17:19:06
マイカーリース自動車30%40%2022-08-17 17:00:17
キャンプ 帽子ファッション17%57%2022-08-17 16:49:07
  • SEOキーワード選定ツールを用いることで、検索意図を漏れなく掲載したコンテンツ作成が可能

    検索ユーザーの悩みを簡単に調査

    SEOキーワード選定ツールは、以下の4ステップで検索ユーザーのニーズを調査し、記事構成案の作成が可能です。

    1. キーワード分析
    2. 上位ページ分析
    3. YMTL・難易度分析
    4. 記事構成案の作成
  • SEOキーワード選定ツールを用いることで、検索意図を漏れなく掲載したコンテンツ作成が可能のイラスト

SEOキーワード選定ツールを用いることで、検索意図を漏れなく掲載したコンテンツ作成が可能のイメージ

検索ニーズを満たすコンテンツの種類を瞬時に把握

記事構成案を作成した次のステップとして、記事の執筆を始める前に、メインキーワードの検索ニーズを満たすコンテンツの内容を把握する必要があります。
SEOキーワード選定ツールを用いることで、ターゲットキーワードの再検索ワードなど、どのような情報が含まれたコンテンツを作成すればよいのか、記事執筆前に確認できます。

Googleが評価するコンテンツを作成可能

検索上位にランクインするコンテンツの特徴として、検索ユーザーの「知りたい」「解決したい」というニーズを解決できる情報を掲載する必要があります。このようなSEOを意識したコンテンツを作成するためには、以下の3つの手順に沿って執筆を進めることが重要です。

  1. 検索ユーザーの本当に知りたいことを調査する
  2. 記事構成を執筆前に作成する
  3. 見出しを適切に設定する

SEOキーワード選定ツールを用いれば、これらのコンテンツ作成に必要な作業を効率よく行えます。検索ユーザーのニーズへの答えとなるコンテンツを作成することは、Googleに評価されやすいという特徴があるため、検索順位向上の効果も期待できます。

  • ユーザーの「次に知りたい情報」を先読みし、記事構成案を作成

    コンテンツの質を高め検索順位の向上を狙うためには、ユーザーに再検索をさせず自社のサイトがラストサーチとなる、つまりユーザーの検索行動が自社のページで完結することが重要です。そのためには、キーワードの表面的な検索意図を満たすだけではなく、ユーザーが再検索するキーワードの検索意図も調査し、コンテンツに反映させる必要があります。

    SEO検索キーワード選定ツールを用いれば、ターゲットとしているメインキーワードだけでなく再検索キーワードのニーズも的確に把握した上で、記事構成を作成できます。そのため、ユーザーが再検索をし他サイトへ流出しづらく、かつ検索順位の向上が期待できるコンテンツの作成に役立ちます。

  • ユーザーの「次に知りたい情報」を先読みし、記事構成案を作成のイラスト

キーワード分析

SEOキーワード選定ツールにキーワードを入力し「検索の流れ」をクリックすると、キーワードを検索したユーザーが次(2番目)に検索する再検索キーワード、その次(3番目)に検索する再検索キーワードが、グラフで分類された状態で表示されます。

キーワード分析のイメージ

「検索の流れ」の分析機能の特徴として、メインのキーワードを含まない再検索キーワードも候補として表示されるという点があります。一般的なキーワード分析ツールとは異なり、SEOキーワード選定ツールは、サジェストキーワード以外の様々なワードを提示します。そのため、表面的な情報だけでは見えてこない、ユーザーが本当に知りたかった検索ニーズを把握できます。

検索の流れでユーザーの本当に知りたかった情報を確認した後に、「キーワード一覧」をクリックすると、メインキーワードに対して出現数の多い再検索キーワードが出現回数順に表示されます。出現回数の多い再検索キーワードは、メインキーワードを検索するユーザーの需要が大きいキーワードであると言えます。

上位ページ分析

「上位ページ分析」をクリックすると、上位ページでの再検索キーワードの出現率が表示されます。

上位ページ分析のイメージ

上位ページにおいて再検索キーワードの出現率が高い場合は、メインキーワードには再検索キーワードの検索意図が含まれている可能性が高いと言えます。一方、上位ページにおいて再検索キーワードの出現率が低い場合は、該当のキーワードには再検索キーワードの意図が含まれていないと判断できます。

再検索キーワードの出現率が上位ページで高い場合は、自社のコンテンツにも再検索キーワードの検索ニーズを満たす情報を掲載する必要があります。上位ページの分析結果からリンクをクリックするだけで分析対象である上位ページを確認できるため、上位ページにどのような再検索キーワードに関する情報が含まれているのか把握が可能です。

YMYL・難易度分析

「YMYL・難易度診断」をクリックすると、YMYL度合いとSEO難易度を示すグラフが表示されます。

YMYL・難易度分析のイメージ

分析結果に表示される、低、中、高のSEO難易度を確認することで、メインキーワードで上位表示をしているサイトがリンク評価を獲得しているのかといった評価結果が表示されます。
SEO難易度「高」が表示された場合は、メインキーワードや再検索キーワードの検索結果を確認し、上位表示しているサイトのタイトルや、サイトの規模を調査します。検索結果がAmazonや価格.comのような大規模サイトばかりの場合は、ターゲットとしているメインキーワードでの上位表示は難しいと判断します。

このように、YMYL・難易度診断の機能を活用することで、上位表示を狙っているメインキーワードで上位表示が可能か、コンテンツ作成前に確認できます。

記事構成案の作成

「記事構成案の作成」をクリックすると、記事の見出し候補が表示されます。見出しには、「1 キーワード分析」で分析した再検索キーワードも共に表示されます。見出しの順番はマウスカーソルで簡単に順番を変更できるため、どのような見出しの順番にすればユーザーにわかりやすい記事構成になるか考えながら作成可能です。

記事構成案の作成のイメージ

見出し候補の下に「関連キーワード」として、「1 キーワード分析」の3番目の検索キーワードとして表示されたキーワード群が参考情報として表示されます。関連キーワードの検索意図も考慮に入れながら見出しの順番を考えることで、ユーザーの検索ニーズを満たした記事構成案を作成できます。

なお、見出しの候補として表示された再検索キーワードの検索意図がわからない場合は、キーワードの隣の虫眼鏡マークをクリックすると検索結果の画面が表示されます。虫眼鏡マークをクリックし実際の検索結果の画面を確認することで、検索意図の把握に役立ちます。

また、キーワードは異なっていても検索意図が似ているキーワードの見出しは、☓ボタンをクリックし削除できます。H2とH3の見出しを入れ子にする場合は、矢印ボタンをクリックすることで見出しが段違いで表示されます。

キーワードごとの見出しの並べ替えが完了したら、見出しキーワードの入力欄に見出しとして用いるテキストを入力します。メインキーワードだけでなく関連キーワードも参考にしながら見出しのテキストを入力することで、検索意図を満たした見出しを作成できます。

記事構成案に見出しを追加する場合は、ページ下の「見出し案を追加する」をクリックし見出し案を追加します。見出しを追加する必要がなければ、ページ下の「テキスト形式で見出し構成案をダウンロードする」をクリックし、作成した見出しのテキストファイルをダウンロードします。h2やh3のHTMLタグが挿入された状態でダウンロードできるため、スムーズに記事執筆を始められます。

  • メインキーワードの検索需要を満たすために、掲載するべき情報がわかる

    メインキーワードの検索ニーズの調査が終わり、記事構成の作成まで完了したら、次はコンテンツの作成へと移ります。

    ここでポイントとなるのは、ターゲットとしているメインキーワードが記事型、一覧ページ型、画像、動画のどの種類のコンテンツが適しているか、コンテンツ作成前に把握する必要があるという点です。

    検索順位の向上を狙うためには、文字数が多ければ多いほど良いとは限りません。メインキーワードの検索ニーズを満たすだけのコンテンツ量も必要ですが、検索意図を満たした上で必要な情報量を確保するという視点が重要です。

  • メインキーワードの検索需要を満たすために、掲載するべき情報がわかるのイラスト

メインキーワードの検索需要を満たすために、掲載するべき情報がわかるのイメージ

実際の検索結果では、文字数が少なくても上位表示をしているコンテンツは存在します。ターゲットとしているメインキーワードによって、上位表示に必要な文字数は異なります。

SEOキーワード選定ツールを用いることで、上位表示を達成するためにどのような情報が必要なのか記事執筆前に把握できるため、スムーズにコンテンツ作成を行えます。

再検索ワード分析により、必要なコンテンツが把握できる

SEOキーワード選定ツールの再検索ワード分析機能では、ターゲットのメインキーワードで上位表示しているコンテンツが再検索ワードで何位にランクインしているのか、一覧で表示されます。

上位表示しているページが再検索ワードでも上位にランクインしている場合は、コンテンツの中にその再検索ワードに関する情報も掲載したほうが上位表示を狙いやすいと読み取れます。一方、上位表示しているページが再検索ワードでは上位にランクインしていない場合は、再検索ワードの情報をコンテンツに含む必要はないと判断できます。

このように、ターゲットとしているメインキーワードに応じて、再検索ワードの情報を含むべきか記事執筆前に判断できる点は、SEOキーワード選定ツールを利用するメリットの一つです。キーワード調査で作成した記事構成に、再検索ワードの情報も追加して記事を執筆することで、上位表示を狙えるコンテンツ作成が可能になります。

読者の知りたい情報を漏れなく掲載したコンテンツを作成

検索上位にランクインするコンテンツを作成するためには、検索ユーザーの「知りたい」「解決したい」という需要を満たす必要があります。そのためには、以下の3点に注意してコンテンツを作成することで、読者の知りたい情報を漏れなく掲載したコンテンツを作成できます。

  1. 検索ユーザーの本当に知りたいことを調査する
  2. 記事構成を執筆前に作成する
  3. 見出しを適切に設定する

SEOキーワード選定ツールを用いることで、これらのSEOに求められるコンテンツ作成の効率が向上します。

検索ユーザーの本当に知りたいことを調査する

SEOを意識したコンテンツを作成する場合は、検索ユーザーの知りたいことを漏れなく掲載することが重要です。「検索ユーザーの問いに答える検索結果を表示する」ということがGoogleの目的であり、コンテンツ作成者は競合サイトよりもユーザーの知りたい情報を、漏れなく、重複なく、網羅したコンテンツを作成することで、上位に表示される可能性が高まります。

検索ユーザーの知りたい情報を漏れなく調査するためには、ターゲットとしているメインキーワードから読み取れる検索意図だけでは不十分な場合があります。

一般的に検索ユーザーは、あるキーワードで検索した後に別のキーワードでも検索を行い、別ページの閲覧を繰り返すことで自分の知りたい情報へとたどり着きます。表面的な検索意図しか満たしていないコンテンツであれば、ユーザーの検索需要は完全に満たされないため、検索を再度行い別サイトへと移動してしまいます。

検索ユーザーの本当に知りたいことを調査するのイメージ

Googleが評価するコンテンツの特徴として、ユーザーが再検索を行わない「ラストサーチとなるコンテンツである」という点が挙げられます。ユーザーの検索需要を満たすためには、ユーザーが再検索するキーワードの情報も含んだコンテンツを作成することで、ユーザーが知りたい情報を網羅できます。

SEOキーワード選定ツールを用いることで、ユーザーが2回目、3回目に検索するキーワードの情報がグラフでわかりやすく表示されます。一般的なサジェストキーワード以外の再検索キーワードも表示されるため、ターゲットとしているキーワードからは見えてこない、ユーザーが本当に知りたかった検索ニーズの把握が可能です。

さらに、上位ページ分析機能を活用することで、再検索キーワードの需要がどの程度あるのか、ひと目でわかります。また、YMYL・難易度分析機能によりSEOの難易度を記事執筆前に確認できるため、ターゲットとしているキーワードで上位表示できる可能性があるのかをコンテンツ作成前に確認できます。

このように、SEOキーワード選定ツールは、記事構成、執筆に移る前に検索ユーザーが知りたい情報を漏れなく調査できるツールです。

記事構成を執筆前に作成する

記事執筆前に検索ユーザーのニーズを満たしたアウトラインとなる記事構成を作成することで、検索ユーザーの知りたい情報を漏れなく掲載したコンテンツを作成できます。

特定の分野の専門家が執筆する記事であったとしても、専門家が執筆する記事は初学者や初心者が知りたい内容が網羅されているとは限りません。

専門家に執筆や監修を依頼した記事であっても、上位表示されないケースがあります。専門家による情報の正確性が担保されたコンテンツ作成も重要ですが、検索ユーザーの「知りたい」「解決したい」というニーズに答えたコンテンツであるかという点も重視する必要があります。

検索ユーザーの検索ニーズを漏れなく満たしたコンテンツを作成するためには、記事を執筆する前に記事構成を作成することが重要です。記事構成を作成する前に調査したユーザーが知りたい情報を、執筆前にアウトラインとしてまとめることで、検索ユーザーのニーズを満たした記事の執筆が可能になります。

SEOキーワード選定ツールには、記事構成の作成をサポートする機能が搭載されています。再検索キーワードも含んだ状態で見出し候補が表示されるため、検索意図を確認しながら見出しの並び替え、削除、追加を行うだけで、ユーザーの検索ニーズを満たした記事構成を作成できます。

見出しを適切に設定する

記事構成で設定した見出しを、執筆時に適切に設定することは重要です。

ユーザーがWebページを閲覧する際は、最初から記事を熟読するのではなく、上から下に向かって素早くスクロールし、今見ている記事に自分が知りたい情報が掲載されているかを確認します。その際に、ユーザーの検索意図に答える内容の見出しが設定されていなければ、ユーザーは自分の知りたい情報が掲載されていないと判断し、別サイトへと移動してしまいます。

見出しを適切に設定することで、ユーザーが記事を読み始める前に高速スクロールする際に検索ユーザーが知りたい情報が掲載されていることをアピールできます。さらに、ターゲットとしているキーワードの再検索キーワードに関する情報も掲載されていれば、ユーザーの興味関心をより強く引き付けることでユーザーの読了率を高め、Googleが評価するラストサーチとなる可能性が高まります。

SEOキーワード選定ツールには以下3点の特徴があるため、ユーザーの興味を引く見出しの設定が可能です。

  1. ターゲットとなるメインキーワードの検索ニーズを、漏れなく把握できる
  2. 検索ユーザーのニーズを満たす記事構成を作成できる
  3. ダウンロードした記事構成には、HTMLタグが付与されているため、見出しの設定を効率よく行える
  • 検索ユーザーのニーズを満たしたコンテンツを作成し、上位表示を狙うために

    検索順位で上位表示を狙うためには、検索ユーザーの知りたい情報を漏れなく掲載することが重要です。「文字数が多いコンテンツであれば、上位表示される」とは限りません。

    SEOキーワード選定ツールを用いることで、ターゲットとしているキーワードの表面からは読み取れない情報をどの程度含む必要があるのか、分析できます。上位ページ分析機能により、ターゲットとしているキーワードで上位表示しているページを分析し、上位表示に必要な再検索ワードの情報の把握が可能です。

  • 検索ユーザーのニーズを満たしたコンテンツを作成し、上位表示を狙うためにのイラスト

読者が知りたい情報を漏れなく調査することで、検索ニーズを満たした記事構成を作成できます。SEOキーワード選定ツールには、検索ニーズを満たした記事構成の作成をサポートする機能が搭載されています。

また、適切に見出しを設定することで、検索ユーザーに知りたい情報が掲載されていることをアピールします。その結果、ユーザーの離脱防止に繋がり、Googleの評価が高いラストサーチのコンテンツとなる可能性が高まります。SEOキーワード選定ツールでからダウンロードした見出しには適切にHTMLタグが設定されているため、効率よく見出しの設定、記事執筆が可能です。

検索順位の向上を狙うためには、検索ユーザーの「知りたい」「解決したい」を満たしたコンテンツを作成する事が重要です。SEOキーワード選定ツールを用いることで、表面からは読み取れない検索ニーズを調査し、ユーザーの知りたい情報を漏れなく記事構成に反映し、記事執筆の効率アップに繋がります。